木製のビーズに糸を通し縫い合わせることを学ぶ

木製のビーズに糸を通し縫い合わせることを学ぶことは、 モンテッソーリ教室の実用生活領域に属する演習です。 このアクティビティは主に4歳〜6歳の子供を対象としています。

糸通しや縫製に関連する活動は、動きを制御するために子供の手を訓練するフィンガーグリップを開発します。 この筋肉の発達は、後の芸術活動や執筆の実践で実践されます。 このアクティビティは、色付きのボタンなどの他の素材を使用して拡張できます。

 

直接的な目的:動きの制御と細かい運動能力を開発します。

間接的な目的:OCCIの開発:秩序、調整、集中、および独立。

材料:

  • 糸の付いた針。
  • 穴のあるフェルト。
  • 入れ物。
  • さまざまな色の木製ビーズ。

 

プレゼンテーション:

アクティビティを棚から出して、テーブルに持ってきてください。次に、子供をテーブルに招待し、今日、木製のビーズに糸を通し縫い合わせることを学ぶことを伝えてください。大きな声で、子供のためにテーブル上のすべての材料を識別します。始める前に、あなたが何をしようとしているのか子供に説明し, 子供が動きをはっきりと見えるように、ゆっくりと注意深く活動を実演してください。

 

  1. 木製のビーズを1つ取り、針を挿入してください。
  2. 最初の穴に針を通してください。
  3. 次に、針を次の穴に下から上に通してください。
  4. 別の木製のビーズを取り、同じことをもう一度行います。
  5. フェルトの終わりに到達したら、反対側でも同じ手順をやり直してください。

 

活動が終了したことを子供に伝えてください。お子さんにこのアクティビティを一人で試すように勧めてください。

Primary | Practical Life | Fine Motor | Threading and Sewing Practice (Japanese) | by Alejandra Jurado

Tags

  • Fine Motor
  • japanese
  • Practical Life
  • primary