どうぶつのおかあさん  小森 ぶん藪内 正幸

 

小森 ,(こもり あつし、1928年1月15日 – 2002年4月3日)は、動物園職員の文筆家。

インド・ボンベイ生まれ、長崎県出身。1947年東京都立上野高等学校夜間部卒。在学中から上野動物園に就職。1964年から多摩動物公園勤務、飼育課長をへて1979年上野動物園飼育課長。1984年退職、日本動物園協会事務局長となる。日本動物園水族館協会専務理事、のち顧問を務めた。

*Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A3%AE%E5%8E%9A

 

藪内 正幸, 1940年、大阪府港区に生まれた。小学生のころから鳥や動物を見たり描いたりするのが好きで、鳥や動物を愛し、それらを精魂込めて描き続けた。鳥や動物たちの生きる場としての環境保護にも深い関心を持っていた。

*Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AE%E5%86%85%E6%AD%A3%E5%B9%B8

 

本の説明

「   どうぶつのおかあさん  」は、この見事に描かれた本は、子供がいくつかの野生動物を詳細に理解し、動物界で母親が子供と持っている関係について学ぶことを可能にします。

 

モンテッソーリ法に従って子供に適した本を特定するにはどうすればよいですか?

1.ノンフィクションの本。

モンテッソーリの哲学では、6歳未満の子供はまだ真実とファンタジーを区別できないことを念頭に置いて、幼児向けの童話にはファンタジーを含めないことを推奨しています。
2.現実に似た写真や絵。

3.デザインのシンプルさ。 子供が本を楽しむために過度に刺激される必要はないと信じられているので、本は単純であることをお勧めします。

4.人間の価値観を育む物語。

 

Video created by: Alejandra Jurado


Tags