紙を貼り付ける方法

紙を貼り付ける方法は、モンテッソーリ教室の芸術分野に属する活動です。このアクティビティは主に3歳〜4歳の子供を対象としています。紙を貼り付ける方法学ぶことは、子供たちが芸術的感受性の発達を改善し、創造性を発揮するのに役立つ活動です。この活動は、さまざまな幾何学的形状にカットされた色紙を使用するか、木の葉や乾燥種子などの他の材料を接着することによって拡張できます。 家族の写真のフレーム、または以前に子供が作成した図面のフレームを作成することもできます。

直接的な目的:創造性を刺激し、芸術の要素について教え、子供たちの動きの制御と細かい運動能力を開発します.

間接的な目的:OCCIを開発する:秩序、集中、調整、および独立。

 

材料:

  • 白紙。
  • 色紙の切り抜き。
  • 液体のり。
  • のり用の小さなブラシ。
  • テーブルを掃除する布。

 

プレゼンテーション:

アクティビティを棚から出して、テーブルに持ってきてください。次に、子供をテーブルに招待し、今日、紙を貼り付ける方法を学ぶことを伝えてください。大きな声で、子供のためにテーブル上のすべての材料を識別します。始める前に、あなたが何をしようとしているのか子供に説明し, 子供が動きをはっきりと見えるように、ゆっくりと注意深く活動を実演してください。

 

  • 目の前のテーブルに白紙を置いてください。
  • シートに中央の図のフレームを表す正方形が描かれていることを確認してください。
  • 中央の図を貼り付けてください。 (私たちの活動では、それはトンボです)。
  • 色紙を選び、正方形全体が完成するまでフレームの線に貼り付けてください。

 

活動が終了したことを子供に伝えてください。お子さんにこのアクティビティを一人で試すように勧めてください。

 

Primary | Practical Life | Artistic Skills | Pasting (Japanese) | by Alejandra Jurado


Tags

  • artistic skills
  • japanese
  • Practical Life
  • primary