sink and float activity

浮くもの沈むものを実験します

 

水に沈むものと浮くものを実験して分類することは、モンテッソーリ教室の科学分野に属する活動です。この活動は主に4歳から5歳までの子供を対象としています。水中の元素を使って実験を行うことで、子供は物体を作る材料と水との関係がどのようなものかをよりよく理解する機会があります。

 

直接な目的:観察と識別の能力を開発すること。

間接的な目的:好奇心をかき立て、語彙を深めます。 OCCIを開発する:秩序、集中、調整、独立

材料

  • 水で満たされた深い容器。
  • マット。
  • タオル。
  • トング。
  • 浮くものや水に沈むもの。
  • 浮くもののグループと沈むもののグループを区別するための2つのラベル。

 

プレゼンテーション

アクティビティを棚から出して、テーブルに持ってきてください。次に、子供をテーブルに招待し、今日は、浮くもの沈むものを実験することを伝えてください。  大きな声で、子供にテーブル上のすべての材料を識別します。始める前に、あなたが何をしようとしているのか子供に説明し, 子供が動きをはっきりと見えるように、ゆっくりと注意深く活動を実演してください。

-深い容器に水を入れてください。

-かごから何かを取り出して水に入れてください。

-浮いたり沈んだりしないように注意してください。

-トングを使って水から物を取り出してください。

-物を乾かしてください。

-所属するグループ内の物を探してください。

-次のことを続けてください。

-説明が必要な場合は、最初に浮くものと最初に沈むもので説明してみてください。ただし、活動の進行中は話さないようにして、子供が自分で観察できるようにすることをお勧めします。

-アクティビティの最後に、子供からの質問を明確にしてください。

 

活動が終了したことを子供に伝えてください。お子さんにこのアクティビティを一人で試すように勧めてください。

 

Primary | Sink and Float (Japanese) | by Alejandra Jurado


Tags

  • japanese
  • primary
  • science