video thumbnail

床をこすることを学ぶ

床をこすることを学ぶことは、モンテッソーリ教室の実用生活領域に属するアクティビティです。

このアクティビティは主に3歳〜6歳の子供を対象としています。

この活動は、バスルームの壁や窓など、家の他の領域をこすり洗いするように子供を動機付けて教えることによって拡張できます。

床をこすり洗いすることを学ぶことは、子供が自分の物の世話や自宅で彼を取り巻く環境に対する意識と感受性を発達させるように導く活動です。

 

直接的な目的:動きの制御を発達させ、細かい運動能力を発達させ、それらを取り巻く環境に対するケアの感覚を発達させること。

間接的な目的:OCCIを開発すること:秩序、調整、集中および独立。

 

材料:

  • 布を二枚、
  • スポンジ.
  • 石鹸.
  • 小さなブラシ.
  • 水で満たされた水差し.
  • 小さなバケット.
  • 大きなバケット

 

プレゼンテーション:

アクティビティを棚から出して、床に持ってきてください。 次に、子供を床に招待し、今日は床をこすることを学ぶことを伝えます。 子供のために床上のすべての材料を識別します。始める前に、あなたが何をしようとしているのか子供に説明します。

  • 小さなバケツに水を入れてください。
  • ブラシを濡らしてください。
  • 石鹸の棒にブラシをこすってください。
  • 床をブラシでこすってください。円を描くように動かしてください。
  • ブラシを水できれいにしてください。
  • 汚れた水をきれいな水に変えてください。
  • スポンジをきれいな水に浸してから絞ってください。
  • スポンジで床から石鹸をきれいにしてください、直線的な動きを使

してください。

  • 床を布で乾かしてください。
  • 汚れた水を少しきれいな水に戻してください
  • それを使って小さなバケツを掃除します。
  • もう一方の布で小さなバケツを乾かしてください。

 

子供が動きをはっきりと見えるように、ゆっくりと注意深く活動を実演してください。   活動が終了したことを子供に伝えてください。子供にこのアクティビティを一人で試すように勧めます。

 

Primary | Practical Life | Care of Environment | Floor Scrubbing (Japanese) | by Alejandra Jurado


Tags

  • care of environment
  • japanese
  • Practical Life
  • primary