おろし金の使い方を学ぶ

おろし金の使い方を学ぶことは、 モンテッソーリ教室の実用生活領域に属する演習です。 このアクティビティは主に2歳〜4歳の子供を対象としています。

この活動は、石鹸、リンゴ、チーズ、ニンジンなど、さまざまな食べ物や物を使ってすりおろすことで拡張できます。 実生活エリアのすべての活動と同様に、おろし金の使い方を学ぶことで、子供に毎日の家事を行う正しい方法を教えることができます。

おろし金の使い方を学ぶことは子供が家事で両親を助けるのにより有能で有用であると感じるのを助けます。

 

直接的な目的:動きの制御を発達させ、細かい運動能力を発達させ、周囲の環境のケアに対する子供の意識を発達させること。

間接的な目的:OCCIを開発すること:秩序、調整、集中および独立。

材料:

  • レイ。
  • チャワン。
  • 石鹸(またはチーズ、ニンジン、レモン、ズッキーニなどのようにすりおろすことができる材料)。
  • おろし金。
  • 皿。
  • 小さなスプーン。

 

プレゼンテーション:

アクティビティを棚から出して、テーブルに持ってきてください。次に、子供をテーブルに招待し、今日、おろし金の使い方を学ぶことを伝えてください。大きな声で、子供のためにテーブル上のすべての材料を識別します。始める前に、あなたが何をしようとしているのか子供に説明し, 子供が動きをはっきりと見えるように、ゆっくりと注意深く活動を実演してください。おろし金を持ってカッティングボードに置いてください。

 

  • 片手でチーズを取り、もう片方の手でおろし金を持ってください。
  • 子供があなたの動きをはっきりと見ることができるように、チーズをゆっくりとすりおろし始めてください。
  • すりおろしたチーズをボウルに入れてください。

 

活動が終了したことを子供に伝えてください。お子さんにこのアクティビティを一人で試すように勧めてください。

 

Primary | Practical Life | Food Preparation | Grating (Japanese) | by Alejandra Jurado


Tags

  • food preparation
  • japanese
  • Practical Life
  • primary